運動音痴の息子が少年野球に挑戦TOP > 目指せエースピッチャー > 基本のキャッチボール

基本のキャッチボールについて

 

基本のキャッチボール



両手でつかめるようになったら、お待たせしました、いよいよ次です。
グローブ登場です。

ボールはまだソフトテニスボールです。
下から投げてやり、受けるようにして手のひら当てさせます。
グローブの手のひらに当てて落とすのがポイントです。

早く捕るようになって欲しいと思って、『捕れ』と言ってもなかなかつかめません。

息子は握力が弱かったのです。

捕る時にグローブを、外側に向けて(怖いのでしょう)捕る子供もいます。
徐々に体の中心で捕るようにします。

これは、お父さんのコントロールが必要です。

もっと、本格的に基本から教えるなら


元PL学園〜読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開




慣れてきたら、中心でグローブを構えさせます。
そこに、ピンポイントで投げてやります。

その内、子供も慣れてきます。

慣れたら、いよいよキャッチです。

次は、硬式テニスボールを使います。

ソフトテニスボールでも良いのですが、ソフトテニスボールは
キャッチしにくいです。

これも、下から投げてやります。

おそらく、もうそれほど怖がらなくなっています。


元PL学園〜読売ジャイアンツ!元祖勝利の方程式、橋本清が毎年5,000人を指導してきた経験から最短で上達できるピッチングのノウハウをついに大公開
 

目指せエースピッチャー記事一覧

基本のキャッチボール

基本のキャッチボール両手でつかめるようになったら、お待たせしました、いよいよ次です。グローブ登場です。ボールはまだソフトテニスボールです。下から投げてやり、...

足を使ってキャッチボール

足を使ってキャッチボールボールを捕れるようになってきたら、足を使います。右投げの場合です。ボールを捕る時、右足、左足と出します。ボールは左足を出す時捕り...

1本足で立つ

ピッチャーは片足の1本足で立ってから投げます。1本足の時グラグラしないようにしなければコントロールが悪くなります。だから、半円形のバランスボールみた...


 
スキンケアアイテムをご紹介
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO